ようこそ白山荘へ

これから新しい住居での生活がはじまろうとしています。
期待はしてはいるが、不安もあるという複雑な気持ちをお持ちの事と思います。
又、ご家族の方々も一人住まいになることをご心配な事と思われます。

星久喜白山荘のスタッフ一同は、お迎えする人生の先輩方が、のびのびと、不安なく、健康で且つ限りなく自立した生活を送っていただくように見守り、支援をしてまいる所存であります。

しかし、私どもの支援のみならず、ご自分からも積極的に「趣味をつくり」「文化活動を行い」「健康づくりに心がけ」「社会への参加」をなすようにされ、
又それを通して新たな、友好的な人間関係も作っていかれたらと思っております。 ご一緒に、笑顔のある新たな生活を作ってまいりましょう。

職員の宣言

  • 1.常に利用者を人生の先輩として敬います。
  • 2.常に利用者の立場に立ち、利用者の人格を尊重します。
  • 3.職業的専門家となります。
  • ・利用者自身が判断して、自律した個人の生活と社会生活が行えるように支援者となり代弁者となります。
  • ・介護技術の深化修練と医療、人間心理等の介護周辺知識の習得に努めます。
  • ・介護支援に当たっては、職員間・外部関係者との連携を円滑に行います。
  • ・介護目標に沿った介護実践と実施後評価により適宜、適切な介護を行います。
  • ・利用者の発するアラームと環境リスクに対する「気づき」の力を身に付けます。
  • ・利用者に対して、お願い・説得はありますが、けっして押し付けは致しません。
  • ・利用者の個人情報と生活上でのプライバシーを守ります。
  • ・慈善的、犠牲的精神に偏することなく、職業的専門家としての使命を見つめ、誇りをもって使命を果たします。

新着情報

2016.05.20  ふたば通信5月号

2016.04.04  ふたば通信4月号

2016.02.29  ふたば通信3月号